グルコファージ

2010年11月28日

青春18きっぷ2007春 -千葉編-

さて、どんな風に旅にハマったのか。
そんなことをつらつら書きながら来ましたが、一応ここからが「旅々」のスタートですNEW

まずタイトルですが、あれだけ東北のことを話していたのに千葉!

そう、青春18切符は5日分が1セットになって発売されていて、春は3/1 - 4/10まで利用可能。
少ししか使わないのであれば、金券ショップという手もあったが、3/9〜の利用のため、さらに、この年は20周年記念だったかな?通常11500円が8000円と格安!
なので2月末に購入してしまったのでした。

そんでもって、東北の計画も立ててしまったのだが、あと1週間ある!ということで、青春18きっぷ解禁すぐに、会社徹夜明け、千葉に行ってみました。
そう、実はこのとき、青春18きっぷの本に路線の白地図が載ってて、今まで乗った路線に色をつけていた。それが面白くて、つい計画立てて。乗り鉄を意識した旅はここから始まったのでした。

まずは、なぜ千葉かというと、白地図の千葉が寂しかったから(笑)

詳細の時間は忘れたけど、当時のブログの記事から再構成すると、こんな経路でノリノリしてきました。

【日程】 3/3
【名称】 千葉の真ん中から下のほうをぐるっとツアー
【目的】(1)銚子電鉄に乗ってみる
    (2)内房線/外房線で房総半島を暴走
【利用切符】 青春18きっぷ 1回分 / 銚子電鉄1日券
【予定経路】恵比寿⇒東京⇒千葉⇒銚子⇒外川⇒銚子⇒千葉⇒君津⇒安房鴨川⇒蘇我⇒東京⇒新宿⇒笹塚

-------------------------------------------------------------------------------
3/3 
〜6:00 【ビルまで恵比寿の事務所で徹夜業務】
当時は3人の会社で、しょうがなく役員だったので、時間無制限って感じで働いてまた。(全保険非適用という厳しい時代)

【事務所⇒恵比寿】
駅まで5分という好立地条件。朝、眠い目をこすりながら、恵比寿駅に向かう途中、立ち食いそばの、富士そばで朝食

【恵比寿⇒(JR東日本・山手線)⇒東京】
まずは山手線で東京駅へ。眠くて座りたいので、東京始発の総武線快速に向かう
朝早いのに、思ったより人がいる。山手線って朝帰りの人とか多いらしい。

【東京[地下ホーム]⇒(JR東日本・総武本線(総武快速))⇒千葉】
東京駅の総武線ホームってこんな遠かったかな・・・と思ってると、おもいっきり
京葉線を目指してたあせあせ(飛び散る汗)
こっちでも千葉方面にはいけるのだが、ここは徹夜明け。体力温存でゆっくり寝たいので、総武快速の普通グリーンで行きたいので、京葉線ホームから引き返す。
そして、総武快速の駅でまた判明!なんと東京ー千葉って40分くらいなのね。。。そのために700円だか800円だか出すのはもったいないふくろ。とりあえず始発ですわれたのでゆっくり千葉へ。
(確かこの時点で、もうスケジュールがズレたんだったかな)

【千葉⇒(JR東日本・総武本線)⇒銚子】★★制覇
千葉から銚子までは約1時間40分。徹夜のうえ東京駅で無駄なウォーキングを行ってきたので、まだ疲れがとれないご様子。そんなわけで、ここちよい振動にゆられて、爆睡で銚子に到着。
しかし、この古い電車(113系かな?)。振動とかが懐かしい感じで、かえって心地いいのね
DSC_3807.jpg

そんなわけで総武本線制覇です。

そしてこの先に見えるのが銚子駅。JRのホームの中とゆーかホームの先に改札あるのね。
間借り?駅のまわりは、電鉄会社の物件などで鉄道外の収入もあるはずなんだけど、、
銚子駅ではそうでもないらしい。
DSC_3801.jpg


-----
【銚子⇒(銚子電鉄)⇒外川】★★制覇
外に出るのもめんどうなので、このまま銚子電鉄に乗り換えることに。
まずは、改札に向かうと誰もいない。みんな素通り(笑)あるだけなのねん。

まずは路線図と時刻表でもと思うと、手書き!!とってもありがたみがあるなー。
しかし、電車思ったよりあるのね。故郷の枕崎は1日7,8本だし。
DSC_3810.jpgDSC_3811.jpg

主役?の銚子電鉄。かわいい。ちっちゃくてかわいいっすよ。
これが世界初、煎餅を動力(笑)としている電車ですな。ぬれせん、買わないと。
人がいっぱい乗って、電車傾いてるよ、、、目だめですか。失敗作。
DSC_3820.jpg

電車の中は、おーー、これは伊予鉄!母親が愛媛だったので、小さな頃に伊予鉄乗ったなー。
いつ移籍してきたのかわからないけど、昔お世話になっていたかも?
「おひさしぶりです。はじめまして。こんにちは。今日は宜しくお願いします。」
しかし、モハとデハとよーわからんことになってるよ。(その前にモハとデハ自体わかってないけど)
DSC_3823.jpg

小さな線路をゆっくりと、気持ちいいね。混んでいるかと思ったら実はそうでもなくて、
すわれていたのですね。ゆっくりと車窓を楽しんでいると、さすが6.4kmダッシュ(走り出すさま)アッと言う間に終点到着。

ご苦労様でした。これで、銚子電鉄制覇しました。
DSC_3828.jpg

外川駅。ちゃんとした駅舎もあるから、銚子より立派!
それに手書きではあるけど、こっちも全然立派!
DSC_3835.jpg

夜になると、これでみんなの足下を照らす、、、照らせるの???ひらめきひらめき
DSC_3833.jpg

【港散策くつ
改札を出て、外から外川。。。オヤジ度グッド(上向き矢印)
DSC_3836.jpg

海を見ようと、海に向かって歩く。時間がゆっくりしてるかんじね。
DSC_3841.jpg

そして海到着。曇って少し寒いけど、海の風と、香りがここちよい。
DSC_3846.jpg
DSC_3854.jpg

黄昏?の鳥。いや、多分何も考えてないと思うけど。かわいい。
DSC_3860.jpgDSC_3870.jpg

しかし、こんなにいると、なんかイヤ!
近くのおばさんがえさをあげたみたいなんだが、ちょっと怖い。
DSC_3876.jpg

怖くなったので、退散(笑)
犬吠埼にでも寄って行くかな?とこの看板に従うと、カメラ持ったまま、海にチャポン。
あやうく騙されるとこでしたむかっ(怒り)
DSC_3897.jpg

【外川⇒(銚子電鉄)銚子】
本当は菜の花が咲いていればそこで降りて、撮ろうと思ってフリー切符買ってたんだけど、まだ全然早くて菜の花が咲いている様子ではなかったので、このまま銚子に戻ることに。

そういえば、煎餅は??
-----
【銚子⇒(JR東日本・総武本線)⇒成東】
総武本線と、銚子電鉄を制覇して、なんか楽しくなってきたので、次の目的、内外房を制覇です。まずは内房⇒外房とのっていきたい。内房線の区間は蘇我からなのだけど、千葉から列車は出ているので、千葉に戻ることに。でも同じ総武本線で戻らずに、せっかくなので東金線経由で戻ることに。なので、成東で乗り換え

【成東⇒(JR東日本・東金線)⇒大網】★★制覇
成東到着。ここで総武本線から東金線に乗り換えるが,、なんか同じ駅でもすごい差です。
千葉の幹線ともいえる総武本線は完璧。しかし、東金線はなんか、いろいろ、ない(笑)
しまいには、あると。。。車じゃないんだから。
DSC_3921.jpgDSC_3914.jpg

とかいいつつ、成東線も制覇!

【大網⇒(JR東日本・外房線)⇒千葉】
内房線に乗るため、一旦外房線にのり千葉へ向かう。

【千葉⇒(JR東日本・内房線)⇒君津】
さて、千葉から再出発。今度は内房線。まずは君津まで向かう。実は君津の手前の木更津から久留里線も乗っておきたいと思ったのだが、ここで往復2時間とかとられると、房総を真っ暗
で走らないといけないので、今回は却下。

人の少ない君津行きでゆっくり車窓でも眺めることに。
車窓だけでなく、車内も。。。
三越っぽい中刷りだね。しかし、、、
「始まる、高校ライフ」 うそーん。卒業しちゃってますよね?けっこう前に。
 しかも、こんな落ち着いた制服。marronの学生の頃は確かにこんなんだったけど、
 すごい、懐かしい。あまりにも列車の中にぴったり。
DSC_3924.jpg

君津到着!ここまで乗ってきた列車は、折り返し千葉行きになっていました。
DSC_3927.jpg

【君津⇒(JR東日本・内房線)⇒安房鴨川】★★制覇
君津で降りて、乗り換え。ここからは電車の数がかなりへる。そろそろお腹がすいたのだが、次の列車がすぐに来たので、このまま安房鴨川へ行く。そう、内房線制覇優先なのです。

少しはしると、海沿いを走ったり。場所はよく覚えてないんだけど、高いところから港を見下ろすような風景もあったかと思う。

あいかわらずの古い列車にゆられて、人も1車両数人。ビールを飲みながら、仕事を忘れて、すごい贅沢な気分。

ともあれ、内房線制覇!

【安房鴨川散策くつ+昼晩めしレストラン
安房鴨川到着。ここが内房、外房の境目らしい。なので、有名な鴨川だし。栄えているはず!列車の中でビールをのんだだけなので、ここいらでちょっとめしでも。もう夕方。ここを逃すと、駅中の立ち食いそばになりかねない。朝もそばだし。

そんなわけで改札を出て、まわりを散策。目の前の通りを渡り路地裏を入ると、海が見えてくる。少し暗くなってきたけど夕方の海もいいねー。。って、あんまり飯屋がない。
歩く、ずんずん歩く。もしかして逆にあるけばよかったのだろうか?
なんか大きなバイパスみたいなところに出てしまい、、、ファミレスとか!げげ。
あ、回転寿司だ。一応このへんであがったものがありそうだし、、、と妥協。
お腹が空いていたので、これ以上歩くことができずでした。

でも値段の割にはネタもよくておいしかったです。

ご飯を食べ、さらにビールをのみかなり幸せ。回転寿司は人がけっこういたのだが、大きなカメラ(当時はD200しかなかったけど)をもっていたので、近くで食べていたおじさんに声をかけられた。カメラ好きなおじさんで、春の千葉の撮影ポイントなどを教えてくれた上に、いっぱいビールをごちそうしてくれた。

旅はこういう地元の方とのふれあいも楽しいのよね。ずっと一人でのんびり旅してても、人恋しくなるし。そういうときは地元の小さい飲み屋とかに入るんだけど、常連だけでもりあがってると、居心地悪いし。

おじさん、ごちそうさまでした。

・・・と、このあたりから急に文章だけになっているのは、写真が見つからない!のですよ。
見つけたらあとでアップしよう。

【安房鴨川⇒(JR東日本・外房線⇒蘇我】★★制覇
安房鴨川駅に戻ってきたころには、もう暗くなっていた。ここから外房で回って帰る。そう、今から外房に乗る人はあまりいない。多いのは地元の高校生が、部活帰りに、乗っては降り、と区間毎で入れ替わる。

通学列車と化す車両の中は、もうやりたいほうだい。床にすわって飯くっていたり、小学生のごとく騒ぎまくる。椅子で横になっているバカ。

イラッとすることもあるが、これも一つの風景。楽しそうなのはいいことだ。
ジャージにスカートとか。田舎のほうの電車では、時々地元の話などして、写真撮らせてもらうことも有るが、車窓も真っ暗だし、お腹いっぱいで眠いので、うとうと。

蘇我に到着。蘇我〜千葉まで外房線は残っているが、さっき、大網から千葉まで一度走ってるので、内房線も制覇!!!
乗ってるだけでもぜんぜん、テンションあがるなグッド(上向き矢印)

【蘇我⇒(JR東日本・京葉線)⇒東京[地底人ホーム]】★★制覇
蘇我からは京葉線で東京まで直行!もう外は完璧にまっくら。それに、京葉線は幕張のイベントなどでもよく利用するので、蘇我〜幕張まで乗れば実は制覇なのさ。
(ちなみに、京葉線は東京〜蘇我までなのだが、調べてみると市川塩浜〜西船橋、西船橋〜南船橋への支線もふくまれているそうだ。西船橋から東京方面と蘇我方面で走る支線もわかれるみたいね。こちらは以前幕張に行く時間違って乗ったので、乗車済。だから京葉線も完全制覇!なのさ!)

見るものも特にないのだが、夜の9時過ぎ。TDLからのお客が舞浜で押し寄せる。家族連れ、カップル楽しそうに話をしているかとおもうと、疲れてぐったりも。子供に至っては、幸せそうに爆睡。楽しんだ帰りの電車ってきついよね。
子供とかいたら、よけいね。やっぱりこういったとことは車で来ちゃうなー。
疲れたら仮眠すればいいし、つれは送り届ける方が安心だしね。

そして、東京到着。地底人ホームは本当に遠い。エスカレーターがあるからいいけど、ここ階段しかなかったら、絶対に使わない。しかし、みんなTDLのお土産袋もってるなー。
地底からうじゃうじゃお土産袋がわいてくるようだ。

【東京[地上最上階ホーム]⇒(JR東日本・中央線)⇒新宿】
当時は笹塚に住んでいたので、東京から新宿まで中央線で向かう。東京駅の中央線のホームは一番高いところにあるんだよね。そんなわけで、地底から地上へ駆け上がる!

もう疲れた。中央線は新宿までならいくらでもあるので、整列乗車で座って行ける列車を待つ。もう10時過ぎ。写真を撮る気力もなく、また爆睡。
-----
【新宿⇒(京王電鉄・京王新線)⇒笹塚】★★制覇
新宿から笹塚は京王線で駅1つ。しかし、都営新宿線とつながっている新線だと3つ。その都営新宿線って、本八幡まで走ってるから、千葉って、かなり近いんじゃないか?青春18切符はつかえないけど、千葉方面からの帰りは、笹塚までくるこっちが楽だなー。と気づく。
ま、何度も乗ってるけど、この短い路線もあらためて京王新線制覇!ってことで(笑)

23:30【帰宅】
疲れきったからだで、駅から7分くらいの家までの徒歩もきつい。中途半端に晩飯を食べてしまったので、まだお腹もすいてないので、コンビニにだけよって帰宅しました。

-------------------------------------------------------------------------------

一応予定通りの工程を旅してきました。正直しんどいけど、白地図に線を引っぱるのが楽しいので、次回の本番、東北も頑張りますよ!




・・・と、以前は書いていたようです。久しぶりに再構成してみたのだけど、のりつぶし旅一発目なので、かき起こしてみました。
posted by marron at 13:36| Comment(0) | 乗りつぶしの旅(電車編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

クイズチャレンジ20,000キロ

そんなテレビ番組がむかしあったなー。
そんでもって、隣の幼なじみがボードゲームもってたなー。

先ほどの2007年の新年会の話を書きましたが、その続きです。

ど真ん中娘(Yちゃん)とその後もメールハートのやりとりをしていたのだが、翌月には頻繁に
電話携帯電話などもするようになっていた。

その間に誕生日バースデーもお祝いプレゼントしたりしていたのだが、やはり、こうなってくると会いたくなる。
しかし、大きな問題が。

marronは東京なのだが、Yちゃんは、岩手。。遠いのですわ。

さすがに、ちょっと会いたいといって気軽に会える距離でもなく。
いきなり会いたい!といってもひかれるかもしれないし。

そんなわけで、口実をつけることにしたわーい(嬉しい顔)

「山形にいる友達に会いに行くついでに、ちょっと会えないかな?」

かなり強引な手ではある。東北に縁がなかったので土地勘もまったくない。
今考えると、岩手(雫石)から山形って、全然ついでに寄れる距離じゃないのね。
でも、会いたい一心だったので、かなり無茶な計画をわーい(嬉しい顔)

しかし、YちゃんもOKだったので、3月に会いに行くことになりました。
3月は春のイメージですが、東北は全然冬雪!そんなことも知らないで、計画を練る
あさはかなmarron。
嘘だとバレるともうメールもできなくなるのではと思い、実際に山形の友達には
会いにいくべく、計画を練った。
当時、給料の遅延が発生し、さらに会社に金を貸しているという状況だったため、
贅沢はできない。

なるべく格安で移動したい!そういいものがありました。

      高速バスバス青春18切符電車

これなら、新幹線や特急つかえないけど、だいぶ安く移動できる。

そして、もっともらしい、旅行プランを考えた。

オンラインの時刻表でいろいろ検討。女一人に会いに行く為に、なんて手のこんだ
計画を、、、とか思っていたのだが、これがなんだか楽しい。

そう、計画をたてるのが楽しいのさ。まさに机上旅行中(笑)

「せっかくだから、ここ行ってみたいなー。
あ、ここの温泉いい気分(温泉)行ってみようかな。」

そう、さらなる机上旅行中(笑)

「そういえば、この路線乗ったことないなー。
どんな駅なんだろう?どんな車窓なんだろう。駅弁うまいかなー」

すでにYちゃんのことからズレ始める。(一番の目的はブレてないけど)

「青春18きっぷって乗っただけ得ってことだよなー。
 そんじゃ、こうまわってくると、乗車距離かせげるな!」

興味は青春18切符を使ってどれだけ乗り回せるのかにうつっていた。
そう、乗りつぶしの旅はここから始まったのでしたるんるん
posted by marron at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。