グルコファージ

2010年11月28日

青春18きっぷ2007春 -東北編-(その0)

本番の東北編です。この頃は六本木のお姉ちゃんたちと遊ぶことが多かったので、久々の恋のまっ只中におりました。

でもこの歳になって、東京から会いに行く〜も恥ずかしいので、その口実に山形の友達にも会いに行く旅。しかし、乗りつぶしのとりこにもなっているので、楽しみが分散中(笑)

何度も見直して作った旅行プランは完璧!
今まではあまり時刻表とにらめっこはせずに、ふらーっと行ってふらーっと帰ってくる。最悪どこかに泊まればいいしひらめきそんな緩い旅をしていたのですが、今回は気合いが違います。

と言う訳で、前回の千葉より前に作成した、初のスケジュール組です。(当時のメモ参照)

ちなみに、タイトルに(その0)とあるのは、行きは高速バスの利用だからです。


【日程】 3/8(就業後)〜3/12(会社直行)
【名称】 Yちゃんをゲットしつつ、さらに乗りつぶしを実現ツアー
【目的】(1)Yちゃんと1日遊ぶ(8:30集合のため、高速バス利用)
    (2)翌日山形の友達に会いに行く
    (3)遠回りして、なおかつムーンライトえちごに乗って帰ってくる。
    (4)なにくわぬ顔で出社する。
     ※休みは最低限の1日(3/9金)だけ会社にもらう。
【利用切符】 青春18きっぷ 3回分 / 高速バス(らくちん号)
【予定経路】恵比寿⇒東京⇒盛岡⇒仙台⇒山形⇒新潟⇒新宿⇒恵比寿

-------------------------------------------------------------------------------
[[3/8]] 
【10:00-21:00 ビル恵比寿の事務所で通常業務】
社長にバレないように(笑)翌日の作業もこなすため、朝から休みなく仕事。


【-22:00 恵比寿⇒(山手線)⇒東京】
22:00くらいにまでに東京につくように山手線で移動

【22:00-23:30】レストラン晩飯&買出し】
東京駅でちょっとしたお土産&夕飯を。朝から休まず働いていたので、お腹がめっちゃ空いていた。ここから高速バスで7時間半ほど。お腹がグーグーなるのでは、まわりに迷惑。かといって中で何か食べようとしても、臭いがこもって迷惑。
そんなわけで東京駅で軽くご飯。といっても、駅の中は混んでる上に、どんどん閉まって行きそうな勢い。なので、八重洲口を出て、外でラーメン。カメラバックとPCと荷物でけっこう重い。

さっと食べて、高速バスの乗り場へ。

まだ30分以上あるのに、少し緊張してるらしい。
飲み物買ったり、バスの中で飲む飲み物+酒を買ったり、ちょっとした土産を買ったり。
時間をつぶしているがなかなか時間が経たない。
そんなときまわりをみると、たくさんの高速バスが。
実は大型バスが好きで、時々使うのだけど、帰りの電車がなくなったときの最終手段とおもっているので、東京からはまだ乗ったことがなかった。

八重洲口のターミナルは8番乗り場くらいまであり、ひっきりなしに、大型のバスが到着。
中距離の4人掛けハイデッカーにたいして、長距離は3人掛けのスーパーハイデッカーやダブルデッカーなど、さらに大きなバス。高速バスってこんなに走ってるのかー!!
なんだか、また違うたびにも目覚めそうな予感をそのとき感じました。

【23:50-6:30 東京⇒(高速バス)⇒盛岡】
やっと盛岡行きのバスが到着。
夜行バスはJR系では「ドリーム○○号」という名前が付けられていることが多い。23時を過ぎると、ほとんどがこのドリーム号が列をなし、やはり多いのは、ドリーム大阪号や、ドリーム名古屋号。必ず1台は止まっている感じ。
それに対して、東北方面はかわってる名前が多い。山形行きドリームさくらんぼ号、仙台方面ドリームササニシキ号。青森方面は、シリウス号、ラフォーレ号。ちょっと面白い。

そして、maronの乗車する、盛岡行き。「ドリーム盛岡号」それは現在の名称。当時は

   「らくちん号」 です。

なぜ!なぜそんなかっこわるい名前なの?「らくちん号」とアナウンスされると、みんな
見るし(笑)しかし、らくちんなのはいいことなので、そのらくちん号に乗車。
しかし、ここで問題が。カメラなどの精密機器は、荷物室はダメといわれてしまった。
う、う、いくら3列でも社内狭いのに。しかも網棚にも入らない。
しかし!フットレストを延ばして、その空間に、、、おーー!ぴったんこ。
ぎちぎちだがなんとかおさまって、胸ときめくmarronを乗せて、東京駅を離れていったのでした。眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)

[[3/9]]
【6:30-7:30 盛岡駅付近散策】
バスは7時間半ほどで盛岡に到着。前回の秋田の時は降りていないので、実質岩手初上陸!
まだ朝焼けがまぶしい時間。盛岡さん、おはようございます。
DSC_3957.jpg

寒いのは寒いのだが、思ったほどでもない。雪はほんのりって感じだけど、まだ3月初旬。関東だって時々降るんだから、こっちなら普通か。
DSC_3953.jpg

駅前を歩いてると、気になるもの発見!東京でも見たことあるけど。。。
あ、国際興業バスと一緒のカラーだ。岩手県交通って、国際興業グループなのね。
よく板橋のほうで乗ってたんだけど、なんか同じものがこんな遠くでも見れると
嬉しくなってきちゃうなー。
DSC_3946.jpg

散策してると、さすがに寒い。そこで目についたのが、立ち食いそば。。
どーしても、食べちゃうんだよね。安いし。そんなわけで、岩手初の食事が立ち食いそばわーい(嬉しい顔)

【7:49-8:05 盛岡⇒(田沢湖線)⇒雫石】
さて、お腹も満たされたので、そろそろ雫石に向かうかな。雫石までは
田沢湖線で、盛岡ー大釜ー小岩井ー雫石と3つ目。
8時過ぎとかに待ち合わせってことだったけど電車がこれしかないので、8時半に変更。
DSC_3969.jpg

しかし、盛岡って大きいんだなー。まったく岩手の情報がないので、駅が思ったより大きいのに驚いた。
DSC_3972.jpg

以前は新幹線で、ベロベロだったので(笑)気づきもしなかったのだが、小岩井ってあの有名な小岩井農場よね?ここにあったのかー。(といっても東京で飲む牛乳とかは埼玉の工場のものだったりするんだけど、、、)
ぜひ、小岩井農場もいってみたいなー。

そんなことを思っていると、雫石に到着。
おーーー!ここがスキーで有名な雫石。全日空と自衛隊衝突事故の雫石。
年に2回も東北にくるなんて思ってもいなかったなー。

【雫石駅で待ち合わせ】
東京ではないので、みんな車で移動というのが常。
そんなわけで、今回は車で雫石を案内してくれるというので、駅で待ち合わせ。
少し時間があるので、トイレで顔洗って、歯を磨いて、、、

って、盛岡もそうだったけど、北国のそこそこの駅というのは、トイレが暖かい。
暖房がガンガンきいてて、待合室より暖かい。さらには、ちゃんとお湯もでるし。
すげー快適なのね。

そんなことして待っていたのだが、まだこないので、駅の付近を散策。
駅前の空き地。そう、駅前なのに、何もない。雫石って有名だからもう少し栄えているの
かと思ったのだが、思ったより栄えてない(笑)でも空気が気持ちいい。
DSC_3989.jpg

さらに、その空き地の横の空き地。駅から1分もないと思うけど。この値段です。
DSC_3990.jpg

安い!駅目の前でこれ?いいなー。寒いのつらいけど、、、駅前だし。
あっ!こまち。
DSC_4000.jpg
DSC_4008.jpg

かっこいいなー。やっぱり雪によく映えるなー。


・・・1時間近くたって、、、まだこない。メールしたけど、返ってこない。。。
も、もしや、ここまできてすっぽかされるの???

焦りつつも、女性だしなーとか思いつつ、写真をとって気分を落ち着かせる。
DSC_4026.jpgDSC_4027.jpg
お土産にもってきた、さる。猿を撮ってここを去るのか!!

そうおもっていると、連絡がきた。

そして、 三月に〜、雫石で〜、Yちゃんに〜、出会った〜るんるんうるるんだったわー。

【このあとは黒ハート
そのあとは雫石、小岩井農場、を雪道の中走り回って、夕方まで案内してくれた。
おいしいジェラードのお店や、写真のパン屋さん。るんるん
DSC_4042.jpg

そして、小岩井の一本桜と岩手山
DSC_4344.jpg

東北、いいねー!岩手いいねー!35年間、南にしか縁がなかったので、何もかも新鮮。

そんな感じで1日遊んで、marronはどこかに宿を取って明日山形に出発!
そしたら、ちょっと気になる民宿があるとかで、一緒に宿を取っていたらしい!

おーーーーー!こんな展開よいのかーーーーーーー!



ということで、あとは内緒黒ハート黒ハート黒ハート

[[8/10]]
【翌日】
翌日夜に山形の駅につきたいので昼過ぎまでしかいられないということで、翌日も朝から
あちこち連れて行ってくれた。
盛岡の綱取りダムというところにある、ちょっとわからにこんなディープなところにも。
DSC_4062.jpg

、、、こんなことなら、、、とも思ったが、ここは紳士らしく(笑)予定通りに。
(このあと、月に2回雫石にという忙しい生活が始まったのでした。)

あ、もうひとつディープといえば、、、
雫石には盛岡から秋田に向かう秋田街道という道を使って行くのだが、途中に「繋十字」とかいう交差点がある。そこを秋田方面に向かって
⇒左へ曲がると、「手作り村」といって、岩手の伝統工芸などを実演している観光地がある。そこでは南部煎餅なども焼けるのであるが、
⇒右へ曲がると、「子作り村」と言われるあのあたりでは有名なホテル街がある(笑)

ものすごい数が密集してるというわけではなくて、畑のあたりにぽこ!路地横にぽこぽこ!とある。秋田のほうにもそこのホテルの看板が出ていて、ここより60キロ先左みたいな。。
すげーよ「子作り村」なのです。けっこうきれいなところが多いし、カラオケや大きいテレビなどもあって、普通に楽しいので、興味ある方はぜひ!!


と、まあ、一番の目的は予想以上の収穫だったので、このあとはもう一つの楽しみ。
のりつぶしの旅に出かけるのだが、、、運を完全に使い果たしていたmarron。
この先悲劇が訪れたのでした。 (その1につづく)

青春18きっぷ2007春 -千葉編-

さて、どんな風に旅にハマったのか。
そんなことをつらつら書きながら来ましたが、一応ここからが「旅々」のスタートですNEW

まずタイトルですが、あれだけ東北のことを話していたのに千葉!

そう、青春18切符は5日分が1セットになって発売されていて、春は3/1 - 4/10まで利用可能。
少ししか使わないのであれば、金券ショップという手もあったが、3/9〜の利用のため、さらに、この年は20周年記念だったかな?通常11500円が8000円と格安!
なので2月末に購入してしまったのでした。

そんでもって、東北の計画も立ててしまったのだが、あと1週間ある!ということで、青春18きっぷ解禁すぐに、会社徹夜明け、千葉に行ってみました。
そう、実はこのとき、青春18きっぷの本に路線の白地図が載ってて、今まで乗った路線に色をつけていた。それが面白くて、つい計画立てて。乗り鉄を意識した旅はここから始まったのでした。

まずは、なぜ千葉かというと、白地図の千葉が寂しかったから(笑)

詳細の時間は忘れたけど、当時のブログの記事から再構成すると、こんな経路でノリノリしてきました。

【日程】 3/3
【名称】 千葉の真ん中から下のほうをぐるっとツアー
【目的】(1)銚子電鉄に乗ってみる
    (2)内房線/外房線で房総半島を暴走
【利用切符】 青春18きっぷ 1回分 / 銚子電鉄1日券
【予定経路】恵比寿⇒東京⇒千葉⇒銚子⇒外川⇒銚子⇒千葉⇒君津⇒安房鴨川⇒蘇我⇒東京⇒新宿⇒笹塚

-------------------------------------------------------------------------------
3/3 
〜6:00 【ビルまで恵比寿の事務所で徹夜業務】
当時は3人の会社で、しょうがなく役員だったので、時間無制限って感じで働いてまた。(全保険非適用という厳しい時代)

【事務所⇒恵比寿】
駅まで5分という好立地条件。朝、眠い目をこすりながら、恵比寿駅に向かう途中、立ち食いそばの、富士そばで朝食

【恵比寿⇒(JR東日本・山手線)⇒東京】
まずは山手線で東京駅へ。眠くて座りたいので、東京始発の総武線快速に向かう
朝早いのに、思ったより人がいる。山手線って朝帰りの人とか多いらしい。

【東京[地下ホーム]⇒(JR東日本・総武本線(総武快速))⇒千葉】
東京駅の総武線ホームってこんな遠かったかな・・・と思ってると、おもいっきり
京葉線を目指してたあせあせ(飛び散る汗)
こっちでも千葉方面にはいけるのだが、ここは徹夜明け。体力温存でゆっくり寝たいので、総武快速の普通グリーンで行きたいので、京葉線ホームから引き返す。
そして、総武快速の駅でまた判明!なんと東京ー千葉って40分くらいなのね。。。そのために700円だか800円だか出すのはもったいないふくろ。とりあえず始発ですわれたのでゆっくり千葉へ。
(確かこの時点で、もうスケジュールがズレたんだったかな)

【千葉⇒(JR東日本・総武本線)⇒銚子】★★制覇
千葉から銚子までは約1時間40分。徹夜のうえ東京駅で無駄なウォーキングを行ってきたので、まだ疲れがとれないご様子。そんなわけで、ここちよい振動にゆられて、爆睡で銚子に到着。
しかし、この古い電車(113系かな?)。振動とかが懐かしい感じで、かえって心地いいのね
DSC_3807.jpg

そんなわけで総武本線制覇です。

そしてこの先に見えるのが銚子駅。JRのホームの中とゆーかホームの先に改札あるのね。
間借り?駅のまわりは、電鉄会社の物件などで鉄道外の収入もあるはずなんだけど、、
銚子駅ではそうでもないらしい。
DSC_3801.jpg


-----
【銚子⇒(銚子電鉄)⇒外川】★★制覇
外に出るのもめんどうなので、このまま銚子電鉄に乗り換えることに。
まずは、改札に向かうと誰もいない。みんな素通り(笑)あるだけなのねん。

まずは路線図と時刻表でもと思うと、手書き!!とってもありがたみがあるなー。
しかし、電車思ったよりあるのね。故郷の枕崎は1日7,8本だし。
DSC_3810.jpgDSC_3811.jpg

主役?の銚子電鉄。かわいい。ちっちゃくてかわいいっすよ。
これが世界初、煎餅を動力(笑)としている電車ですな。ぬれせん、買わないと。
人がいっぱい乗って、電車傾いてるよ、、、目だめですか。失敗作。
DSC_3820.jpg

電車の中は、おーー、これは伊予鉄!母親が愛媛だったので、小さな頃に伊予鉄乗ったなー。
いつ移籍してきたのかわからないけど、昔お世話になっていたかも?
「おひさしぶりです。はじめまして。こんにちは。今日は宜しくお願いします。」
しかし、モハとデハとよーわからんことになってるよ。(その前にモハとデハ自体わかってないけど)
DSC_3823.jpg

小さな線路をゆっくりと、気持ちいいね。混んでいるかと思ったら実はそうでもなくて、
すわれていたのですね。ゆっくりと車窓を楽しんでいると、さすが6.4kmダッシュ(走り出すさま)アッと言う間に終点到着。

ご苦労様でした。これで、銚子電鉄制覇しました。
DSC_3828.jpg

外川駅。ちゃんとした駅舎もあるから、銚子より立派!
それに手書きではあるけど、こっちも全然立派!
DSC_3835.jpg

夜になると、これでみんなの足下を照らす、、、照らせるの???ひらめきひらめき
DSC_3833.jpg

【港散策くつ
改札を出て、外から外川。。。オヤジ度グッド(上向き矢印)
DSC_3836.jpg

海を見ようと、海に向かって歩く。時間がゆっくりしてるかんじね。
DSC_3841.jpg

そして海到着。曇って少し寒いけど、海の風と、香りがここちよい。
DSC_3846.jpg
DSC_3854.jpg

黄昏?の鳥。いや、多分何も考えてないと思うけど。かわいい。
DSC_3860.jpgDSC_3870.jpg

しかし、こんなにいると、なんかイヤ!
近くのおばさんがえさをあげたみたいなんだが、ちょっと怖い。
DSC_3876.jpg

怖くなったので、退散(笑)
犬吠埼にでも寄って行くかな?とこの看板に従うと、カメラ持ったまま、海にチャポン。
あやうく騙されるとこでしたむかっ(怒り)
DSC_3897.jpg

【外川⇒(銚子電鉄)銚子】
本当は菜の花が咲いていればそこで降りて、撮ろうと思ってフリー切符買ってたんだけど、まだ全然早くて菜の花が咲いている様子ではなかったので、このまま銚子に戻ることに。

そういえば、煎餅は??
-----
【銚子⇒(JR東日本・総武本線)⇒成東】
総武本線と、銚子電鉄を制覇して、なんか楽しくなってきたので、次の目的、内外房を制覇です。まずは内房⇒外房とのっていきたい。内房線の区間は蘇我からなのだけど、千葉から列車は出ているので、千葉に戻ることに。でも同じ総武本線で戻らずに、せっかくなので東金線経由で戻ることに。なので、成東で乗り換え

【成東⇒(JR東日本・東金線)⇒大網】★★制覇
成東到着。ここで総武本線から東金線に乗り換えるが,、なんか同じ駅でもすごい差です。
千葉の幹線ともいえる総武本線は完璧。しかし、東金線はなんか、いろいろ、ない(笑)
しまいには、あると。。。車じゃないんだから。
DSC_3921.jpgDSC_3914.jpg

とかいいつつ、成東線も制覇!

【大網⇒(JR東日本・外房線)⇒千葉】
内房線に乗るため、一旦外房線にのり千葉へ向かう。

【千葉⇒(JR東日本・内房線)⇒君津】
さて、千葉から再出発。今度は内房線。まずは君津まで向かう。実は君津の手前の木更津から久留里線も乗っておきたいと思ったのだが、ここで往復2時間とかとられると、房総を真っ暗
で走らないといけないので、今回は却下。

人の少ない君津行きでゆっくり車窓でも眺めることに。
車窓だけでなく、車内も。。。
三越っぽい中刷りだね。しかし、、、
「始まる、高校ライフ」 うそーん。卒業しちゃってますよね?けっこう前に。
 しかも、こんな落ち着いた制服。marronの学生の頃は確かにこんなんだったけど、
 すごい、懐かしい。あまりにも列車の中にぴったり。
DSC_3924.jpg

君津到着!ここまで乗ってきた列車は、折り返し千葉行きになっていました。
DSC_3927.jpg

【君津⇒(JR東日本・内房線)⇒安房鴨川】★★制覇
君津で降りて、乗り換え。ここからは電車の数がかなりへる。そろそろお腹がすいたのだが、次の列車がすぐに来たので、このまま安房鴨川へ行く。そう、内房線制覇優先なのです。

少しはしると、海沿いを走ったり。場所はよく覚えてないんだけど、高いところから港を見下ろすような風景もあったかと思う。

あいかわらずの古い列車にゆられて、人も1車両数人。ビールを飲みながら、仕事を忘れて、すごい贅沢な気分。

ともあれ、内房線制覇!

【安房鴨川散策くつ+昼晩めしレストラン
安房鴨川到着。ここが内房、外房の境目らしい。なので、有名な鴨川だし。栄えているはず!列車の中でビールをのんだだけなので、ここいらでちょっとめしでも。もう夕方。ここを逃すと、駅中の立ち食いそばになりかねない。朝もそばだし。

そんなわけで改札を出て、まわりを散策。目の前の通りを渡り路地裏を入ると、海が見えてくる。少し暗くなってきたけど夕方の海もいいねー。。って、あんまり飯屋がない。
歩く、ずんずん歩く。もしかして逆にあるけばよかったのだろうか?
なんか大きなバイパスみたいなところに出てしまい、、、ファミレスとか!げげ。
あ、回転寿司だ。一応このへんであがったものがありそうだし、、、と妥協。
お腹が空いていたので、これ以上歩くことができずでした。

でも値段の割にはネタもよくておいしかったです。

ご飯を食べ、さらにビールをのみかなり幸せ。回転寿司は人がけっこういたのだが、大きなカメラ(当時はD200しかなかったけど)をもっていたので、近くで食べていたおじさんに声をかけられた。カメラ好きなおじさんで、春の千葉の撮影ポイントなどを教えてくれた上に、いっぱいビールをごちそうしてくれた。

旅はこういう地元の方とのふれあいも楽しいのよね。ずっと一人でのんびり旅してても、人恋しくなるし。そういうときは地元の小さい飲み屋とかに入るんだけど、常連だけでもりあがってると、居心地悪いし。

おじさん、ごちそうさまでした。

・・・と、このあたりから急に文章だけになっているのは、写真が見つからない!のですよ。
見つけたらあとでアップしよう。

【安房鴨川⇒(JR東日本・外房線⇒蘇我】★★制覇
安房鴨川駅に戻ってきたころには、もう暗くなっていた。ここから外房で回って帰る。そう、今から外房に乗る人はあまりいない。多いのは地元の高校生が、部活帰りに、乗っては降り、と区間毎で入れ替わる。

通学列車と化す車両の中は、もうやりたいほうだい。床にすわって飯くっていたり、小学生のごとく騒ぎまくる。椅子で横になっているバカ。

イラッとすることもあるが、これも一つの風景。楽しそうなのはいいことだ。
ジャージにスカートとか。田舎のほうの電車では、時々地元の話などして、写真撮らせてもらうことも有るが、車窓も真っ暗だし、お腹いっぱいで眠いので、うとうと。

蘇我に到着。蘇我〜千葉まで外房線は残っているが、さっき、大網から千葉まで一度走ってるので、内房線も制覇!!!
乗ってるだけでもぜんぜん、テンションあがるなグッド(上向き矢印)

【蘇我⇒(JR東日本・京葉線)⇒東京[地底人ホーム]】★★制覇
蘇我からは京葉線で東京まで直行!もう外は完璧にまっくら。それに、京葉線は幕張のイベントなどでもよく利用するので、蘇我〜幕張まで乗れば実は制覇なのさ。
(ちなみに、京葉線は東京〜蘇我までなのだが、調べてみると市川塩浜〜西船橋、西船橋〜南船橋への支線もふくまれているそうだ。西船橋から東京方面と蘇我方面で走る支線もわかれるみたいね。こちらは以前幕張に行く時間違って乗ったので、乗車済。だから京葉線も完全制覇!なのさ!)

見るものも特にないのだが、夜の9時過ぎ。TDLからのお客が舞浜で押し寄せる。家族連れ、カップル楽しそうに話をしているかとおもうと、疲れてぐったりも。子供に至っては、幸せそうに爆睡。楽しんだ帰りの電車ってきついよね。
子供とかいたら、よけいね。やっぱりこういったとことは車で来ちゃうなー。
疲れたら仮眠すればいいし、つれは送り届ける方が安心だしね。

そして、東京到着。地底人ホームは本当に遠い。エスカレーターがあるからいいけど、ここ階段しかなかったら、絶対に使わない。しかし、みんなTDLのお土産袋もってるなー。
地底からうじゃうじゃお土産袋がわいてくるようだ。

【東京[地上最上階ホーム]⇒(JR東日本・中央線)⇒新宿】
当時は笹塚に住んでいたので、東京から新宿まで中央線で向かう。東京駅の中央線のホームは一番高いところにあるんだよね。そんなわけで、地底から地上へ駆け上がる!

もう疲れた。中央線は新宿までならいくらでもあるので、整列乗車で座って行ける列車を待つ。もう10時過ぎ。写真を撮る気力もなく、また爆睡。
-----
【新宿⇒(京王電鉄・京王新線)⇒笹塚】★★制覇
新宿から笹塚は京王線で駅1つ。しかし、都営新宿線とつながっている新線だと3つ。その都営新宿線って、本八幡まで走ってるから、千葉って、かなり近いんじゃないか?青春18切符はつかえないけど、千葉方面からの帰りは、笹塚までくるこっちが楽だなー。と気づく。
ま、何度も乗ってるけど、この短い路線もあらためて京王新線制覇!ってことで(笑)

23:30【帰宅】
疲れきったからだで、駅から7分くらいの家までの徒歩もきつい。中途半端に晩飯を食べてしまったので、まだお腹もすいてないので、コンビニにだけよって帰宅しました。

-------------------------------------------------------------------------------

一応予定通りの工程を旅してきました。正直しんどいけど、白地図に線を引っぱるのが楽しいので、次回の本番、東北も頑張りますよ!




・・・と、以前は書いていたようです。久しぶりに再構成してみたのだけど、のりつぶし旅一発目なので、かき起こしてみました。
posted by marron at 13:36| Comment(0) | 乗りつぶしの旅(電車編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。